投資信託の販売に力を入れる理由

今の社会では株式の売買手数料が年々当たり前に値下げしています。

これは株のオンライン取引が主流になっていることも関係していると思いますが、金融機関は、株式売買に関わる手数料低下したため、株の売買手数料ではまったく儲からない時代になりました。株の売買手数料より、最近は投資信託の購入手数料の方が割がいいです。

お金儲けとして投資信託の販売を行っている会社は多く、銀行や証券会社、保険会社、郵便局などで投資信託を販売しています。

通常でも1%前後の手数料が入りますし、投資信託の商品の購入手数料は利益率が高いです。

販売会社に入る手数料で、高いものでは購入金額の3%にもなります。

また、信託報酬からも十分な利益を見込めます。

金融機関は、投資家がファンドを購入して保有する間、預かり資産の一部を金融機関側の利益として受け取ることができます。

販売会社や運用会社に対して、投資家は「信託報酬」という名目で、この費用を支払わなければなりません。信託報酬はファンドの資産から日々引かれています。

運用成績がプラスマイナスゼロでも信託報酬は発生します。

運用者側は極端に言えば、何もしなくも集めるだけ集めていれば儲かります。

集めれば集めただけ利益が増えることになるので、たくさんの投資家に、投資信託を買ってもらうことが彼らの仕事になります。

収益は購入額が増えるとどんどん積み重なっていきます。

株式での売買手数料より断然利益率がいいので、金融機関からすれば、投資信託の販売にもっと力を入れていきたいとなるわけです。