ファンドと投資信託はどう違うか

ファンドとは何か?投資信託とは何か?これらがどう違うかというのは、素人からすると非常にわかりにくいと思います。

どういったものがファンドと呼べるかというと、お金を集めて運用するとものはすべてこれに当てはまります。

しかし、専門の法律で定められているという点では、投資信託は一般的なファンドとは少し違いがあります。

ファンドというカテゴリーの中に投資信託も含まれていますが、法律の定めがありますので義務も発生します。

例えば、運用の報告書は必ず提出しなければならないとなっています。

投資信託の運用に関しての法律というのは、「投資信託及び投資法人に関する法律」という法律です。

これに従って運用を行います。

一般的なファンドにはこの法律に縛られないものもあります。

投資信託を運用する際は、まず目論見書を作成して資金を集めますが、ここでもあくまで「投資信託及び投資法人に関する法律」に従います。

投資信託には厳しい制約があります。

投資信託を扱うことができるのは投資信託の委託業者だけです。

投資信託の委託業者になろうと思えば、行政の監督下におかれることになります。

株式や為替、デリバティブで資金を運用する行為をファンドといいますが、資金を集めて投資するモデルそのものを指すこともあります。

これは様々なコンテンツに対して使われます。

例えば、ミュージックファンド、レストランファンド、ホテルファンドなどがあります。

投資信託の場合は、金融庁に届け出を出した運用会社や投資顧問会社、機関投資家などが資金を集めて投資スキームを組みます。

またファンドの場合は、投資事業組合などの集団投資スキームを指すこともあります。

このように、特定の目的を持った複数の投資家による投資をいうこともあります。

一言でファンドといっても色々あるので、投資信託とは区別して考えた方が良いかも知れませんね。