分配金の支払われ方について

投資信託の配当を分配金といいます。

分配の方法はあらかじめ投資方針によって定められていますので、基本的にはそれに従って分配を行います。

投資家の保有数に応じて運用して得た収益を分配していくわけですが、運用成果に応じてどの程度を分配するかというのは、運用会社が決定しています。

この分配金の支払われ方には二つのタイプがあり、「分配金受取型」というそのまま受け取るタイプと、「分配金再投資型」という自動的に同じ投資信託に再投資するタイプがあります。

このように分配金受取型と分配金再投資型とでは、その受け取り方が全然違うのですが、受取り方がこの二つのコースに分かれている投資信託商品が非常に多いですし、会社によってはどちらかを選択できるようにしている場合もあります。

分配金再投資コースを申し込んだ場合は、分配のときに自動的に再投資されることになりますが、分配金から税金などを差し引いてから、決算日の基準価額で再投資されることになります。

投資信託には無分配型というのもあります。

無分配型の支払われる時期はまちまちです。

毎月の場合もあれば、3ヶ月の場合もありますし、四半期に一回ということもあります。

無分配型の償還は比較的短期間に行われます。

あと、最初から契約期間が決まってることも多く、契約期間が3年間と設定されていたりします。